デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインコーヒーの違いとは?妊婦にもおすすめできるのはどれ!?

妊娠中は母体と胎児の健康への気遣いが大切です。カフェイン摂取はできるだけ控えて過ごしたいものですが、身近な飲み物にはカフェインが含まれているものが意外に多いことはあまり知られていないようです。

最近では妊娠中でも安心して飲めるようなコーヒーとして、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインなどのネーミングを良く見かけるようになりました。似た言葉ですが、違いはあるのでしょうか。

妊娠中にコーヒーは飲んでもいい?

妊娠中は、これまでよりも健康に気を遣う生活を心がけることが大切です。口にいれるものは、すべてお腹の赤ちゃんに繋がっていると考えて過ごすことも決して大げさではありません。

妊婦さんはできるだけ避けるようにとされているのはカフェインの摂取です。カフェインと聞くとコーヒーが思い浮かびますが、コーヒー以外の飲み物にも含まれている場合が多いのです。

紅茶やウーロン茶、緑茶など、身近な飲み物や特にお茶にはカフェインが含まれています。カフェインが含まれていないのは、ほうじ茶や麦茶、水などです。

周囲の人もカフェインと妊婦の関係について知識があれば、妊娠中の女性にはカフェイン入りの飲み物をすすめないでしょう。コーヒーが好きな女性は出産するまでおあずけになってしまうと考えることもあるかもしれませんが、実はそうではありません。

コーヒーは特にカフェインの含有量が多いというイメージから、デカフェ、カフェインレスやノンカフェインとネーミングされた商品が販売されているからです。

紅茶やウーロン茶、緑茶ではこのようなネーミングがされた商品はあまり見かけたことがありません。
コーヒー好きな妊娠中の女性は、このような商品に切り替えて生活すれば胎児への影響をむやみに心配することはありません。

デカフェとカフェインレスの違い

カフェインは人体にさまざまな作用を起こしますが、その中でも覚醒作用が最も有名でしょう。

朝のコーヒーは目覚めの一杯として習慣にしている方も少なくないですが、徹夜作業などで眠気を飛ばすためにカフェインを摂取する場合もあるでしょう。
カフェインが効きすぎると夜眠れなくなってしまうので、夕方以降のコーヒーは飲まないようにしているという方もいます。
カフェインは眠気覚ましに有効な一方、摂りすぎることで頭痛や倦怠感を生むこともあります。
頭痛はさらにカフェインを摂取することで抑えることができるというデータもありますが、身体に痛みや不調を感じるような飲み方はできるだけ避けたいものです。
コーヒーは好きだけれど、摂りすぎると身体によくないと考える方に選ばれているのが、カフェインを取り除いた商品です。
デカフェは普通のコーヒー、つまりカフェインが含まれているコーヒーから人工的にカフェインを取り除いたものをさします。そのため、残りのコーヒーにはカフェインがわずかに残ってしまいます。
カフェインの含有量としては、カフェインレスとほぼ同等だと考えて良いでしょう。デカフェにはいくつかの製法があり、中には薬品を使用するものもあるため、製法を確認できる安全なものを選ぶとよいでしょう。

カフェインレスとノンカフェインの違い

カフェインレスとノンカフェインという言葉は商品名としてもよく耳にします。
どちらも聞き慣れたフレーズですが、同じような意味に見えて、厳密には違っていることについてはあまり認知がされていないようです。
カフェインレスとは、カフェインが「レス」、日本語に直訳すると「ない」、つまり含まれていないと解釈してしまいがちですが、実際には「ほとんど含まれていない」という意味だそうです。
ほとんど、ということは少量であれば含まれている可能性を示します。
そしてノンカフェインはまったくカフェインが含まれていませんという意味なのです。
従って、妊婦さんが選ぶならば、より安全性の高いノンカフェインの方が安心です。
しかし、商品の中でノンカフェインと表示のあるものがない場合は、カフェインレスを選んでも問題はほとんどないと言えます。
妊娠中は食事への趣向に変化があらわれることが珍しくなく、これまで好きだった食べ物や飲み物を受け付けなくなってしまったり、においに敏感になることもあります。それとは反対に、苦手だったものを突然欲するようになったり、特定の食べ物や飲み物ばかりを求めてしまうこともあるのです。
もし妊娠中にコーヒーが飲みたくて仕方ない状態になってしまったならば、カフェイン含有量が0の商品を選ぶようにしたいですが、1日1杯程度ならば少しだけ含まれているものでも問題はないでしょう。

妊婦におすすめなのはどれ?

妊婦さんでもコーヒーを飲みたいときはあるでしょう。コーヒーは淹れる時間を含めて愛着を持つ人が多い特別な飲み物でもあります。
リラックスタイムややる気を出すためなど、人それぞれ飲みかたは違いますが、なにかと制限の多い妊娠生活ですから、これまで通りに過ごせるようなことはどんどん取り入れていきたいものです。
妊娠中は身体だけでなく、心にも変化があらわれることが珍しくありません。
お腹の赤ちゃんの健康のために、あまりにも窮屈な暮らしをしてしまっては、かえってそのストレスが影響してしまいます。
自分と赤ちゃんの健康のために、禁煙と禁酒は絶対ですが、カフェインについてはわずかな摂取にも神経質になりすぎなくて良いでしょう。
カフェインは、コーヒーやお茶などに含まれているだけでなく、食品中にも含まれている場合があり、すべての飲み物と食べ物をひとつひとつチェックしていくのは気が遠くなる作業であり、現実にも不可能に近いでしょう。
妊娠中に避けるべきものは一部の薬品や食材などもありますが、これらを完璧に排除して出産を迎えた人は現実にはいないと言えます。
毎日コーヒーを飲む習慣がある方は、まったくカフェインが含まれないノンカフェインを選び、そうでない場合はデカフェなどでも問題はありません。

まとめ

カフェインが胎児だけでなく、人体そのものの健康に良くないとされていることは有名ですが、妊娠中に最も気を付けたいのは穏やかに、ストレスのない生活です。お腹の赤ちゃんの健康に気を遣った生活はお母さんの優しさですが、コーヒーと名前のつく飲み物は敵ではありません。現代は、妊娠中も安心して飲める商品が簡単に手に入れられます。また、妊娠中は本人だけでなく、周囲の方も妊婦さんと同様にしっかりと正しい知識を持って良いものと悪いものについて理解しておくことが大切です。
妊娠中もコーヒーを飲むことを諦める必要はありません。

コーヒーの飲み過ぎで吐き気・頭痛がした時の対処法 カフェイン取り過ぎに注意!

ほっと一息つくブレイクタイムに、目覚め・きつけに、そして味や香りそのものを楽しむために欠かせない飲み物・コーヒー。多くの方が飲むコーヒーですが、飲んだ後に吐き気がしたり頭痛を訴える方も少なくありません。リラックスタイムを与えてくれるコーヒーを飲むことで、なぜそんなことが起こるのか、原因とその対処法をご紹介します。

コーヒーを飲み過ぎて吐き気・頭痛がする根本原因は?

質の悪い豆を使っているからでは?水が良くないので浄水器を導入すべき?インスタントだからダメ?色んなことで悩む方も多いでしょう。しかし、その原因のほとんどはコーヒーから抽出される成分「カフェイン」である可能性が高いです。
カフェインは、胃液の分泌を促して脂肪の分解を行う「リパーゼ」を活性化させる働きがあります。適正な量を摂取していれば、脂肪や食物の消化・分解を助ける役割を担ってくれますが、摂取し過ぎる、つまりコーヒーの飲み過ぎにより胃酸過多、つまり胃液が過剰に分泌されることによって吐き気を催す原因となってしまうのです。
また、通常の量を摂取しただけなら交感神経が刺激され興奮状態、つまり覚醒状態に留まるのですが、コーヒーの飲み過ぎ・カフェインの摂取しすぎの状態は、興奮状態を超越して自律神経に大きく負担をかけてしまうことに繋がります。
自律神経は、交感神経・副交感神経がバランスよく働いている状態で均衡がとれているため、どちらかが過剰な状態となれば体内バランスが崩れて、体内器官も正常な働きをしにくくなり、結果神経系統の乱れ、そして吐き気・頭痛を引き起こす原因となってしまうのです。
その他、極稀にコーヒー豆が原因のこともあります。酸化している状態の豆、つまり古くなった・賞味期限が過ぎた豆を摂取した場合も、当然ですが吐き気の原因となります。

吐き気や頭痛がした時の対処方法は?

コーヒーの飲み過ぎによって吐き気・頭痛がした場合の対処法ですが、非常にシンプルですがまず飲みかけのコーヒーを置きましょう。飲み過ぎ・カフェイン中毒から少し距離を置くのです。
コーヒーの飲み過ぎによる吐き気の対処法として、「生姜湯」の効果は絶大です。痛んだ胃の調子を整えてくれて、身体も芯から温まります。気持ちが安らぎ、身体が楽になる効果が実感できるでしょう。生姜湯の作り方はシンプルで、すりおろした生姜を100ccの熱湯に小さじ1つ入れて混ぜるだけ。もし手近に生姜がなければ、チューブのものを使用しても良いでしょう。
胃が荒れている状態なので、油ものや肉類など重い食べ物を摂取しない、という方法も有効です。天ぷらやうなぎ、ステーキやキムチ鍋など、味が濃くてズッシリとした食べ物は、胃がムカムカしているときは受け付けないですよね。その場合は思いきって食事を抜いても良いでしょうし、何かを口に入れたいならお粥やうどんなど、胃にやさしいものを入れましょう。
この他、深呼吸をすることで胃のリズムを整えたり、少し落ち着いてきたらストレッチをしたり、身体を温めましょう。自律神経を整えることで、自然と心の状態や体調が落ち着いてきます。興奮状態である身体は血行不良に陥っているので身体を温めるという行為は意外に効果があります。

吐き気や頭痛を防ぐコーヒーの飲み方

胃の耐久性や分泌量、身体自体の耐久性や自律神経の耐久力など、人によって体質や耐性が異なるため一概には言えませんが、やはり飲み過ぎには注意する、というのが一番の予防方法。まずは、どのくらい摂取したら吐き気・頭痛がするのか、よく思い返してみてください。自分の身体と相談しながら飲まなければいけないのはアルコールと一緒ですね。
先述の通り個人差はあれど、コーヒーは1日3杯、多くて4杯までと思っておきましょう。飲酒と同じく、空腹時に飲んだり、短い間隔で大量に摂取することを避けることで、改善されるでしょう。ちなみにドリップ式よりエスプレッソは味も香りも濃厚ですが、意外にカフェイン量は少ないことでも知られています。少なめのエスプレッソを長い時間かけてゆっくり飲む、というのも趣き深いですね。
その他、牛乳には胃の粘膜をつつむ効果があるため、コーヒーに加えて胃を荒らすのを和らげるという効果を狙うのも良いでしょう。
それでも改善されないようなら、紅茶や緑茶に切り替えるという手もあります。もしそれでも合わなければカフェイン自体が身体にマッチしていないという可能性も考えられます。この場合ノンカフェインコーヒーに切り替えるといった、奥の手を使う方法を考慮してみても良いかもしれません。

カフェインの効能と副作用

ここではカフェインの効能と副作用を改めておさらいしておきましょう。
まず効能として代表的なものは、興奮状態・覚醒状態を作り出すというもの。先述の通り、交感神経を活発にさせ、興奮状態へと持っていきます。それに伴い、眠気を予防する効果もあります。ただし、効果が出るのは数時間後ですので即効性はありません。
また、覚醒作用があるため、集中力の上昇が見られます。ただ、量を増やしても耐性があるため倍増するという訳ではありません。
次に、脂肪の分解を大きく助けます。「リパーゼ」という成分が脂肪を分解し、消化機能を促してダイエットにも効果的です。
反対に副作用・デメリットも見ていきます。覚醒作用があるということは、必然的に不眠効果もあります。摂取しすぎることにより、不眠症になる方も多いです。効果は12時間(約半日)なので、それを目安にコントロールしましょう。
交感神経を刺激して活発な状態に持っていくということは、血圧も上昇します。そのため、高血圧の方は、摂取量には注意が必要です。反対に、低血圧の方が摂取することによって、血圧をコントロールすることができる、というメリットも。他にも、コーヒーを多く摂取していると利尿作用によりトイレが近くなります。不眠症とあわせて、睡眠前にはあまり摂取しないよう、コントロールしましょう。

まとめ

コーヒーを飲むことでリラックスしたり、作業効率を上昇させたりと、飲み物としてのおいしさだけでなく身体に良い効果をもたらす、メリットがたくさんある飲み物。しかし、何事も摂取しすぎ・やりすぎは身体に毒となってしまいます。ご自分の身体・体調と相談した上で上手に付き合いましょう。もちろん、悪い点ばかりでなく、きちんと利用すれば能率アップ・すっきりとした目覚めなど、効果は計り知れません。「あれ、ちょっとおかしいな、気持ち悪いな」といった普段からの身体のサインを見逃さず、かしこくコーヒーと付き合っていきましょう。

カフェイン中毒の症状とは?頭痛・吐き気・動悸から死亡することも!?

コーヒーは仕事中にも休憩時間、くつろぎタイムなどいろんなシーンで飲むことができるもので、いろんな淹れ方で楽しむことができます。ブラックやカフェオレ、エスプレッソ、ラテなどお好みで毎日飽きることなく飲めるのが魅力です。しかしコーヒーを飲み過ぎてしまうことによってカフェイン中毒になってしまうことがあるので注意が必要です。

カフェイン中毒の症状と診断

コーヒーが原因となるカフェイン中毒とはその名の通り、カフェインを摂取するのをやめられなくなってしまう状態になることで、わかりやすく言えばたばこを吸う人がニコチン中毒になってしまうことがあるというのと同じことです。カフェイン中毒かどうかという診断は1日で250mg以上摂取しているか、吐き気や尿の回数が増えたかどうか、心拍数が増加しているかどうか、興奮したり睡眠障害が起きたりしている、顔面が赤くなる、焦燥感にかられる、神経過敏になっているなどの項目のうち5個以上に該当しているかや重大な苦痛、社会的・職業的な機能障害が起きているかによって調べられます。カフェイン中毒の症状は軽ければ神経過敏や吐き気、不眠、焦燥感に襲われる、興奮する、顔が赤くなる、心拍数が増加する、尿の回数が多くなるなどがあります。逆に重い場合はこれらの症状の他に、同じ不眠でも精神症状としての不眠が起きます。またさらにひどくなると幻覚や幻聴が出てきたり、妄想、錯乱状態に陥ってしまいます。最悪な場合は自ら命を絶とうとする場合もあり、目を離すことができません。重い症状が出ている時には胃や胸の痛み、頭痛、吐き気、嘔吐、動悸、けいれん、歩行困難、顔面紅潮、瞳孔拡大などもあらわれます。

急性カフェイン中毒の症状とは

急性カフェイン中毒の症状は短期間でコーヒーを大量に飲むなどしてカフェインを過剰摂取してしまった時に出てきます。不整脈や動悸、呼吸困難、胸痛、鼓動数の増加、強い覚醒効果があるため、幻覚や幻聴などが聴こえてきたりすることもあります。軽度であれば吐き気や不眠程度ですみますが、重度になると頭痛や痙攣などがおきます。頭痛が起きる理由はカフェインに頭痛に対する効果があると同時にカフェイン禁断性頭痛を起こすことでも知られています。急性カフェイン中毒になってしまうほどの摂取量とは成人で1時間以内に体重1キロに対し、6.5mg以上の摂取をしてしまった場合です。例を出すと60キロくらい体重がある人が1時間以内に400mg以上のカフェインを含むコーヒーなどを飲むということになります。これはコーヒーカップでいえば5杯から6杯分ということになります。1時間でそれだけの量を飲むとなると、かなりの摂取量であるというのは想像しやすいのではないでしょうか。コーヒーを飲むと頭がすっきりするような感覚があるため、徹夜しなければいけない時などはコーヒーを何杯か飲んで起きてようとする方もいますが、急性カフェイン中毒という状態になってしまうこともあるので注意をしなければいけません。

慢性カフェイン中毒の症状とは

慢性カフェイン中毒はカフェインを過剰に摂取していることが原因ですから、コーヒーを飲んでいない人であってもこの状態になる場合もあります。カフェインを含んでいるものとしては緑茶や紅茶、ココア、コーラや栄養ドリンクなどにも含まれていますので要注意です。その症状はそわそわして落ちつかない、不安になる、胃痛や吐き気、おなかの調子が悪くなるなども起きます。心拍数の上昇が起こることもあるので気をつけましょう。重度になると痙攣やパニックになるなども出ることがあります。カフェイン中毒の症状になるのは個人差があり、カフェインに強い人・弱い人がいます。ですから、弱い人は強い人と比べて中毒になりやすいのでカフェイン入りの飲み物を飲む時には含有量をなるべくチェックしながら飲むようにしたり、あまり飲み過ぎないようにしたほうがいいです。大人だけではなく、もちろん子供さんがペットボトルなどで飲み過ぎてしまうことにも注意してあげることが大事です。急性の場合はカフェインが分解され、代謝されればその効果は失われますので、重度でなければそれほど心配する必要はありません。コーヒーなどを飲んでいて、これらの症状を感じるようであればカフェインを摂取しないようにして安静にしているようにしましょう。

カフェイン中毒で死亡例

国内でカフェイン中毒による死亡者がいるかについては、2014年、九州地方に住んでいた20代の男性がカフェインを過剰摂取したことが原因で中毒になり、死亡しています。このことは福岡大の法医学教室の教授が解剖したことによってはっきりしたと明らかにしています。この男性は清涼飲料水に含まれているカフェインを短時間で大量に摂取したとみられています。男性は深夜勤務を終えて帰宅後に吐き、その後亡くなっています。男性の血中には1ml内のカフェイン含有量は182マイクログラムとなっていました。これは致死量レベルで、胃からはカフェインを含む錠剤も検出されています。持病などはありませんでしたが、亡くなる1年ほど前から眠気覚ましにとカフェイン入りのエナジードリンクを飲むようになっていました。そしてそれまでにも3、4回ほど吐いたことはありました。亡くなる1週間前からは眠気がひどくて仕事にも支障が出ており、こういう悩みがあったために男性が短時間で大量のカフェインを含む飲料や錠剤を呑んだのではないかといわれています。これによって急性カフェイン中毒になり、死亡に至ったという結論となりました。このように実際にカフェインの過剰摂取によって死亡してしまうこともあるのだというのがわかります。

まとめ

カフェイン中毒は簡単に考えていいようなものではありません。しかし短時間で大量に摂取する、1日の摂取量を目安以上とるなどをしなければそれほど心配する必要もありません。意外にも生活の中にはカフェインを含む飲み物やサプリなどがいろいろとありますので、それにどれほどのカフェインが含まれているかということには気をつけておくようにするだけでも違います。子供さんがいる方は子供さんが飲むものにも目を配ってあげることで短時間で大量に飲んでしまうことを予防することができます。子供が大好きなココアにもカフェインは含まれているのでチェックしておくほうがいいです。