デカフェ、カフェインレス、ノンカフェインコーヒーの違いとは?妊婦にもおすすめできるのはどれ!?

妊娠中は母体と胎児の健康への気遣いが大切です。カフェイン摂取はできるだけ控えて過ごしたいものですが、身近な飲み物にはカフェインが含まれているものが意外に多いことはあまり知られていないようです。

最近では妊娠中でも安心して飲めるようなコーヒーとして、デカフェやカフェインレス、ノンカフェインなどのネーミングを良く見かけるようになりました。似た言葉ですが、違いはあるのでしょうか。

妊娠中にコーヒーは飲んでもいい?

妊娠中は、これまでよりも健康に気を遣う生活を心がけることが大切です。口にいれるものは、すべてお腹の赤ちゃんに繋がっていると考えて過ごすことも決して大げさではありません。

妊婦さんはできるだけ避けるようにとされているのはカフェインの摂取です。カフェインと聞くとコーヒーが思い浮かびますが、コーヒー以外の飲み物にも含まれている場合が多いのです。

紅茶やウーロン茶、緑茶など、身近な飲み物や特にお茶にはカフェインが含まれています。カフェインが含まれていないのは、ほうじ茶や麦茶、水などです。

周囲の人もカフェインと妊婦の関係について知識があれば、妊娠中の女性にはカフェイン入りの飲み物をすすめないでしょう。コーヒーが好きな女性は出産するまでおあずけになってしまうと考えることもあるかもしれませんが、実はそうではありません。

コーヒーは特にカフェインの含有量が多いというイメージから、デカフェ、カフェインレスやノンカフェインとネーミングされた商品が販売されているからです。

紅茶やウーロン茶、緑茶ではこのようなネーミングがされた商品はあまり見かけたことがありません。
コーヒー好きな妊娠中の女性は、このような商品に切り替えて生活すれば胎児への影響をむやみに心配することはありません。

デカフェとカフェインレスの違い

カフェインは人体にさまざまな作用を起こしますが、その中でも覚醒作用が最も有名でしょう。

朝のコーヒーは目覚めの一杯として習慣にしている方も少なくないですが、徹夜作業などで眠気を飛ばすためにカフェインを摂取する場合もあるでしょう。
カフェインが効きすぎると夜眠れなくなってしまうので、夕方以降のコーヒーは飲まないようにしているという方もいます。
カフェインは眠気覚ましに有効な一方、摂りすぎることで頭痛や倦怠感を生むこともあります。
頭痛はさらにカフェインを摂取することで抑えることができるというデータもありますが、身体に痛みや不調を感じるような飲み方はできるだけ避けたいものです。
コーヒーは好きだけれど、摂りすぎると身体によくないと考える方に選ばれているのが、カフェインを取り除いた商品です。
デカフェは普通のコーヒー、つまりカフェインが含まれているコーヒーから人工的にカフェインを取り除いたものをさします。そのため、残りのコーヒーにはカフェインがわずかに残ってしまいます。
カフェインの含有量としては、カフェインレスとほぼ同等だと考えて良いでしょう。デカフェにはいくつかの製法があり、中には薬品を使用するものもあるため、製法を確認できる安全なものを選ぶとよいでしょう。

カフェインレスとノンカフェインの違い

カフェインレスとノンカフェインという言葉は商品名としてもよく耳にします。
どちらも聞き慣れたフレーズですが、同じような意味に見えて、厳密には違っていることについてはあまり認知がされていないようです。
カフェインレスとは、カフェインが「レス」、日本語に直訳すると「ない」、つまり含まれていないと解釈してしまいがちですが、実際には「ほとんど含まれていない」という意味だそうです。
ほとんど、ということは少量であれば含まれている可能性を示します。
そしてノンカフェインはまったくカフェインが含まれていませんという意味なのです。
従って、妊婦さんが選ぶならば、より安全性の高いノンカフェインの方が安心です。
しかし、商品の中でノンカフェインと表示のあるものがない場合は、カフェインレスを選んでも問題はほとんどないと言えます。
妊娠中は食事への趣向に変化があらわれることが珍しくなく、これまで好きだった食べ物や飲み物を受け付けなくなってしまったり、においに敏感になることもあります。それとは反対に、苦手だったものを突然欲するようになったり、特定の食べ物や飲み物ばかりを求めてしまうこともあるのです。
もし妊娠中にコーヒーが飲みたくて仕方ない状態になってしまったならば、カフェイン含有量が0の商品を選ぶようにしたいですが、1日1杯程度ならば少しだけ含まれているものでも問題はないでしょう。

妊婦におすすめなのはどれ?

妊婦さんでもコーヒーを飲みたいときはあるでしょう。コーヒーは淹れる時間を含めて愛着を持つ人が多い特別な飲み物でもあります。
リラックスタイムややる気を出すためなど、人それぞれ飲みかたは違いますが、なにかと制限の多い妊娠生活ですから、これまで通りに過ごせるようなことはどんどん取り入れていきたいものです。
妊娠中は身体だけでなく、心にも変化があらわれることが珍しくありません。
お腹の赤ちゃんの健康のために、あまりにも窮屈な暮らしをしてしまっては、かえってそのストレスが影響してしまいます。
自分と赤ちゃんの健康のために、禁煙と禁酒は絶対ですが、カフェインについてはわずかな摂取にも神経質になりすぎなくて良いでしょう。
カフェインは、コーヒーやお茶などに含まれているだけでなく、食品中にも含まれている場合があり、すべての飲み物と食べ物をひとつひとつチェックしていくのは気が遠くなる作業であり、現実にも不可能に近いでしょう。
妊娠中に避けるべきものは一部の薬品や食材などもありますが、これらを完璧に排除して出産を迎えた人は現実にはいないと言えます。
毎日コーヒーを飲む習慣がある方は、まったくカフェインが含まれないノンカフェインを選び、そうでない場合はデカフェなどでも問題はありません。

まとめ

カフェインが胎児だけでなく、人体そのものの健康に良くないとされていることは有名ですが、妊娠中に最も気を付けたいのは穏やかに、ストレスのない生活です。お腹の赤ちゃんの健康に気を遣った生活はお母さんの優しさですが、コーヒーと名前のつく飲み物は敵ではありません。現代は、妊娠中も安心して飲める商品が簡単に手に入れられます。また、妊娠中は本人だけでなく、周囲の方も妊婦さんと同様にしっかりと正しい知識を持って良いものと悪いものについて理解しておくことが大切です。
妊娠中もコーヒーを飲むことを諦める必要はありません。