コーヒーの飲み過ぎで吐き気・頭痛がした時の対処法 カフェイン取り過ぎに注意!

ほっと一息つくブレイクタイムに、目覚め・きつけに、そして味や香りそのものを楽しむために欠かせない飲み物・コーヒー。多くの方が飲むコーヒーですが、飲んだ後に吐き気がしたり頭痛を訴える方も少なくありません。リラックスタイムを与えてくれるコーヒーを飲むことで、なぜそんなことが起こるのか、原因とその対処法をご紹介します。

コーヒーを飲み過ぎて吐き気・頭痛がする根本原因は?

質の悪い豆を使っているからでは?水が良くないので浄水器を導入すべき?インスタントだからダメ?色んなことで悩む方も多いでしょう。しかし、その原因のほとんどはコーヒーから抽出される成分「カフェイン」である可能性が高いです。
カフェインは、胃液の分泌を促して脂肪の分解を行う「リパーゼ」を活性化させる働きがあります。適正な量を摂取していれば、脂肪や食物の消化・分解を助ける役割を担ってくれますが、摂取し過ぎる、つまりコーヒーの飲み過ぎにより胃酸過多、つまり胃液が過剰に分泌されることによって吐き気を催す原因となってしまうのです。
また、通常の量を摂取しただけなら交感神経が刺激され興奮状態、つまり覚醒状態に留まるのですが、コーヒーの飲み過ぎ・カフェインの摂取しすぎの状態は、興奮状態を超越して自律神経に大きく負担をかけてしまうことに繋がります。
自律神経は、交感神経・副交感神経がバランスよく働いている状態で均衡がとれているため、どちらかが過剰な状態となれば体内バランスが崩れて、体内器官も正常な働きをしにくくなり、結果神経系統の乱れ、そして吐き気・頭痛を引き起こす原因となってしまうのです。
その他、極稀にコーヒー豆が原因のこともあります。酸化している状態の豆、つまり古くなった・賞味期限が過ぎた豆を摂取した場合も、当然ですが吐き気の原因となります。

吐き気や頭痛がした時の対処方法は?

コーヒーの飲み過ぎによって吐き気・頭痛がした場合の対処法ですが、非常にシンプルですがまず飲みかけのコーヒーを置きましょう。飲み過ぎ・カフェイン中毒から少し距離を置くのです。
コーヒーの飲み過ぎによる吐き気の対処法として、「生姜湯」の効果は絶大です。痛んだ胃の調子を整えてくれて、身体も芯から温まります。気持ちが安らぎ、身体が楽になる効果が実感できるでしょう。生姜湯の作り方はシンプルで、すりおろした生姜を100ccの熱湯に小さじ1つ入れて混ぜるだけ。もし手近に生姜がなければ、チューブのものを使用しても良いでしょう。
胃が荒れている状態なので、油ものや肉類など重い食べ物を摂取しない、という方法も有効です。天ぷらやうなぎ、ステーキやキムチ鍋など、味が濃くてズッシリとした食べ物は、胃がムカムカしているときは受け付けないですよね。その場合は思いきって食事を抜いても良いでしょうし、何かを口に入れたいならお粥やうどんなど、胃にやさしいものを入れましょう。
この他、深呼吸をすることで胃のリズムを整えたり、少し落ち着いてきたらストレッチをしたり、身体を温めましょう。自律神経を整えることで、自然と心の状態や体調が落ち着いてきます。興奮状態である身体は血行不良に陥っているので身体を温めるという行為は意外に効果があります。

吐き気や頭痛を防ぐコーヒーの飲み方

胃の耐久性や分泌量、身体自体の耐久性や自律神経の耐久力など、人によって体質や耐性が異なるため一概には言えませんが、やはり飲み過ぎには注意する、というのが一番の予防方法。まずは、どのくらい摂取したら吐き気・頭痛がするのか、よく思い返してみてください。自分の身体と相談しながら飲まなければいけないのはアルコールと一緒ですね。
先述の通り個人差はあれど、コーヒーは1日3杯、多くて4杯までと思っておきましょう。飲酒と同じく、空腹時に飲んだり、短い間隔で大量に摂取することを避けることで、改善されるでしょう。ちなみにドリップ式よりエスプレッソは味も香りも濃厚ですが、意外にカフェイン量は少ないことでも知られています。少なめのエスプレッソを長い時間かけてゆっくり飲む、というのも趣き深いですね。
その他、牛乳には胃の粘膜をつつむ効果があるため、コーヒーに加えて胃を荒らすのを和らげるという効果を狙うのも良いでしょう。
それでも改善されないようなら、紅茶や緑茶に切り替えるという手もあります。もしそれでも合わなければカフェイン自体が身体にマッチしていないという可能性も考えられます。この場合ノンカフェインコーヒーに切り替えるといった、奥の手を使う方法を考慮してみても良いかもしれません。

カフェインの効能と副作用

ここではカフェインの効能と副作用を改めておさらいしておきましょう。
まず効能として代表的なものは、興奮状態・覚醒状態を作り出すというもの。先述の通り、交感神経を活発にさせ、興奮状態へと持っていきます。それに伴い、眠気を予防する効果もあります。ただし、効果が出るのは数時間後ですので即効性はありません。
また、覚醒作用があるため、集中力の上昇が見られます。ただ、量を増やしても耐性があるため倍増するという訳ではありません。
次に、脂肪の分解を大きく助けます。「リパーゼ」という成分が脂肪を分解し、消化機能を促してダイエットにも効果的です。
反対に副作用・デメリットも見ていきます。覚醒作用があるということは、必然的に不眠効果もあります。摂取しすぎることにより、不眠症になる方も多いです。効果は12時間(約半日)なので、それを目安にコントロールしましょう。
交感神経を刺激して活発な状態に持っていくということは、血圧も上昇します。そのため、高血圧の方は、摂取量には注意が必要です。反対に、低血圧の方が摂取することによって、血圧をコントロールすることができる、というメリットも。他にも、コーヒーを多く摂取していると利尿作用によりトイレが近くなります。不眠症とあわせて、睡眠前にはあまり摂取しないよう、コントロールしましょう。

まとめ

コーヒーを飲むことでリラックスしたり、作業効率を上昇させたりと、飲み物としてのおいしさだけでなく身体に良い効果をもたらす、メリットがたくさんある飲み物。しかし、何事も摂取しすぎ・やりすぎは身体に毒となってしまいます。ご自分の身体・体調と相談した上で上手に付き合いましょう。もちろん、悪い点ばかりでなく、きちんと利用すれば能率アップ・すっきりとした目覚めなど、効果は計り知れません。「あれ、ちょっとおかしいな、気持ち悪いな」といった普段からの身体のサインを見逃さず、かしこくコーヒーと付き合っていきましょう。